トライオートFXとトラリピのスワップポイントを比較してみた

スポンサーリンク

FXをやっていると気になってくるスワップポイント。

特にFX自動売買をやっていると、自分で決済することはほとんどないため、マイナススワップのポジションを保有しているとジワジワと利益が削れられていきます。

そこでFX自動売買を提供しているトライオートFXとトラリピ両方で扱っている通貨ペアの内、クロス円である以下の通貨ペアについてスワップポイントを比較していこうと思います。

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • カナダドル/円
  • 英ポンド/円
  • トルコリラ/円
  • 南アランド/円

それではどうぞ!

トライオートFXとトラリピのスワップポイントの比較

2020年4月1日~4月30日の1万通貨あたりの買いスワップ、売りスワップの合計を調査しました。

米ドル/円のスワップポイント

買いスワップ合計売りスワップ合計
トライオートFX377円-1427円
トラリピ78円-3729円

ユーロ/円のスワップポイント

買いスワップ合計売りスワップ合計
トライオートFX-750円-297円
トラリピ-2473円91円

豪ドル/円のスワップポイント

買いスワップ合計売りスワップ合計
トライオートFX70円-1995円
トラリピ-76円-1098円

NZドル/円のスワップポイント

買いスワップ合計売りスワップ合計
トライオートFX78円-1995円
トラリピ18円-1755円

カナダドル/円のスワップポイント

買いスワップ合計売りスワップ合計
トライオートFX-42円-1704円
トラリピ6円-1233円

英ポンド/円のスワップポイント

買いスワップ合計売りスワップ合計
トライオートFX267円-2547円
トラリピ65円-1173円

トルコリラ/円のスワップポイント

買いスワップ合計売りスワップ合計
トライオートFX447円-2476円
トラリピ237円-2318円

南アランド/円のスワップポイント

買いスワップ合計売りスワップ合計
トライオートFX147円-503円
トラリピ75円-539円

まとめ

調査結果をまとめてみると、以下のようになりました。

買いスワップ売りスワップ
米ドル/円トライオートFXが有利トライオートFXが有利
ユーロ/円トライオートFXが有利トラリピが有利
豪ドル/円トライオートFXが有利トラリピが有利
NZドル/円トライオートFXが有利トラリピが有利
カナダドル/円トラリピが有利トラリピが有利
英ポンド/円トライオートFXが有利トラリピが有利
トルコリラ/円トライオートFXが有利トラリピが有利
南アランド/円トライオートFXが有利トライオートFXが有利

買いスワップだとトライオートFXが有利で、売りスワップだとトラリピが有利ですね。

比較してみて気になったところは

  • トラリピの米ドル/円の売りのマイナススワップが大きい
  • トラリピのユーロ/円の買いのマイナススワップが大きい
  • トライオートFXの豪ドル/円の売りのマイナススワップが大きい
  • トライオートFXの英ポンド/円の売りのマイナススワップが大きい

とマイナススワップが大きい点です。

プラススワップは少ないですね・・・。

世界各国が利下げ傾向にありますのでしょうがないですが・・・。

スワップポイント自体は、各国の金利の状況により日々変化していくもので我々が関与できるものではありません。

ただし本記事で比較したように業者によって異なるので、スワップポイントがあまりにもマイナスのところは避けるといった対応はできます。

私自身はトライオートFXを運用しています。

設定についても以下の記事で公開しているので、ぜひ参考にしてみてください。

私のトライオートFXの設定を公開します
この記事では私が現在運用しているトライオートFXの設定を公開していこうと思います。トライオートFXについては、...

コメント

タイトルとURLをコピーしました