【2019年12月末時点】日本人はいくらの金融資産を持っている?

【2019年】みんないくら貯蓄してる?平均値、中央値を調べました
みんなどれくらい貯蓄しているかって気になりませんか?私は気になります!笑本記事では2019年の「家計の金融行動に関する世論調査」から単身世帯、二人以上世帯について、年代別の金融資産の状況が報告されていたので紹介します。...

上記の記事でみんないくら貯蓄しているのか調べましたが、日本人全体の金融資産がいくらかって気になりませんか?

今回、日本銀行がとった統計でいくらもっているのか明らかになっていました。

また現金や株式をどれくらいの割合で持っているのかについても、統計がありましたのであわせて紹介します。

日本人の家計の金融資産の合計はなんと1903兆円!

統計を見てみると2019年12月末時点での日本人の家計の金融資産の合計はなんと1903兆円もあることがわかりました。

私が以前聞いたときは1800兆円だったのですが、そこから100兆円も増えています。

円グラフで割合を見てみましょう。

半分以上の53%(1008兆円)を現金で持っていますね。

逆に一般的に投資として扱われる株式等、投資信託、債務証券は合わせても16.4%(311兆円)しかありません。

日本人は預金が大好きで投資に否定的ということが、この調査からもわかりました。

また2004年~2019年の残高の推移についてもありました。

眺めてみると2007年~2008年がリーマンショックによって減っていますね。

その後は現金が積み上がって、株式の含み益が増えているように見えます。

リーマンショックを経てから、景気拡大によって世界中の株価が値上がりしましたが、日本人は投資の比率が少ないため、あまり乗れていないようです。

日本でもアベノミクスによって日経平均株価が底値から3倍以上になり、アメリカでも金融緩和によってダウ平均株価が底値から4倍以上になりました。

もう少し投資に資産が振り分けられるといいかなと思います。

まとめ

日本人はいくら金融資産を持っているか調査してみましたが、いかがでしたか?

1903兆円という金額は個人的にすごくびっくりしましたが、半分以上は現金で持っていたことがわかったので、投資をしている私からするともったいないなと思いました。

本ブログでは、主に投資についての記事を書いていますので興味がある方は他の記事もぜひ見てみてください。

何から始めればいいかわからないという人に対して、私は投資信託から始めることをおすすめしています。

私自身も投資は投資信託から始めており、今現在もやっています。

詳細については記事にもしていますので参考にしてください。

投資初心者におすすめ!投資信託とは?
昨今、「貯蓄から投資へ」と言われているように投資の重要性が高まってきています。しかし、「投資をやるのはいいけど、どの会社の株を買えばいいの?」といった声があると思います。そこで初心者の方におすすめしたいのが、「投資信託」に...

コメント

タイトルとURLをコピーしました