インデックス投資とは?長期保有することで資産の最大化を狙う投資法

インデックス投資
スポンサーリンク

投資しようと勉強を始めると「インデックス投資がおすすめ!」といった意見を見ることが多いと思います。

本ブログでも一番最初はインデックス投資から始めるのをおすすめします。

本記事では、そんなインデックス投資の特徴と実際どのように投資していくのがおすすめかを紹介していきます。

インデックス投資とは?

インデックス投資とは、「特定の指数(インデックス)に連動することを目的とした投資法」のことです。

特定の指数というのは様々ありますが、一番身近な例が日本を代表する225社の平均株価である「日経平均株価」です。

ニュースなどで聞いたことがある方も多いと思います。

以下は有名な指数になります。

  • 日経平均株価…日本を代表する225社を集めた指数
  • TOPIX…東証一部上場全体の指数
  • NYダウ…アメリカを代表する30社を集めた指数
  • S&P500…アメリカを代表する500社を集めた指数

続いてインデックス投資の特徴について見てみましょう。

インデックス投資の特徴

インデックス投資は長期保有することで資産の最大化を狙う投資法になります。

そんなインデックス投資の特徴について3点まとめました。

ドルコスト平均法による積立投資と相性が良い

ドルコスト平均法とは、「一定の金額を時間を分散させながら定期的に購入する手法」のことを言います。

具体的には、毎月5万円で日経平均株価に連動する商品を購入し続ける、といった感じになります。

  • コツコツと資産を積み上げていきたい
  • 手間をかけたくない

といった方にはおすすめの投資手法となっています。

それでは実際にシミュレーションしてみましょう!

楽天証券が提供している積立かんたんシミュレーションを使ってみます。

次の条件でシミュレーションしてみます。

  • 毎月5万円を40年積み立てる
  • 5%のリターンとする

シミュレーション結果は以下のようになります。

投資元本が2400万円に対して、最終的な積立金額が約7630万円となります。

コツコツと積み立てているだけなのに、これだけの金額になるってすごいですよね!

投資で増えた5230万円の部分は複利によるものです。

今回のシミュレーションでは投資期間を40年と超長期にしたことで、投資はできるだけ早く始めたほうが良いということがわかるかと思います。

投資を早く始めるべき理由でも解説していますのでぜひ参考にしてください。

積立かんたんシミュレーションは他にも様々なパターンでシミュレーションすることができるので、ぜひ試してみてください。

ドルコスト平均法の真価を発揮するのはジグザグと上下を繰り返しながらも、最終的には右肩上がりとなる指数です。

右肩下がりになってしまう指数には投資しないようにしましょう!(おすすめの指数については後ほど紹介します)

分散投資になるのでリスクを低減させることが可能

投資の世界では「卵は一つのカゴに盛るな」という格言があります。

卵を一つのカゴに盛ると、そのカゴを落とした場合には、全部の卵が割れてしまうかもしれないが、複数のカゴに分けて卵を盛っておけば、そのうちの一つのカゴを落としカゴの卵が割れて駄目になったとしても、他のカゴの卵は影響を受けずにすむということ。

https://www.nomura.co.jp/terms/japan/ta/tamago.html

つまり一つの銘柄に集中投資してしまうと、その銘柄に何かあったときにすべてのダメージを受けてしまうので、銘柄を分散させてリスクを低減させようということです。

インデックス投資は「日経平均株価だと225銘柄、S&P500だと500銘柄」といったように銘柄が幅広く分散されていることが多いため、インデックス投資だけで分散投資が可能になります。

長期保有していく上では暴落は避けられないので、分散投資することでリスクを低減させることが重要になってきます。

短期的な儲けは期待できない

分散投資の特徴として「リスクを低減させることができる」としましたが、逆に言えば短期間で大きなリターンは期待できないです。

例えば、ここ最近ブームとなっているビットコインを始めとした仮想通貨(暗号資産)は短期的に大きく価格が上下していますが、インデックス投資はそういったものではありません。

インデックス投資で期待できるリターンは平均で年率3~7%ほどで、100万円投資していた場合、年間で103万円~107万円くらいになります。

銀行預金だけでは増えない時代なので年率3~7%でも嬉しいと思いますが、もちろん毎年3~7%ずつコンスタントに増え続けるわけではありません。

過去を振り返るとリーマンショック時には50%以上、コロナショック時には30%以上も暴落しています。

そういった暴落にも耐えながらコツコツと投資を継続することで、最終的に大きなリターンを期待することができます。

暴落に備えるために以下の記事も参考にしてみてください。

【インデックス投資家向け】株式市場暴落時に思い出したい2つのこと

インデックス投資への投資法

それでは実際にインデックス投資をするためにはどのようにすれば良いのでしょうか?

日経平均株価やS&P500といった指数そのものへ投資することはできませんので、指数に連動することを目的としたファンド(商品)に投資することになります。

具体的には投資信託ETF(上場投資信託)です。

個人的には少額から始めることができる投資信託をおすすめします。

投資信託の方がおすすめな理由について詳細に解説している記事もありますので、ぜひ参考にしてください。

ETFと投資信託どちらがおすすめか?

また投資信託で投資する際に、一番優先度が高いのはつみたてNISA口座での投資です。

つみたてNISAは2018年から始まった制度で、年間40万円まで投資可能な口座であり最大20年間運用でき、そこで生じた利益が非課税になります。

通常投資の利益には約20%の税金がかかりますが、つみたてNISAでは非課税となるお得な制度ですのでぜひ活用してください。

つみたてNISAの紹介記事もありますので、詳細については以下からどうぞ!

【初心者におすすめ】つみたてNISAで投資を始めてみよう!

インデックス投資をする上でおすすめの指数

それでは実際におすすめの指数を紹介します。

インデックス投資におすすめの指数はS&P500です。

S&P500はアメリカを代表する企業500社によって構成されており、米国株式市場の時価総額の約80%をカバーしています。

私はインデックス投資をするのであれば、日本のインデックスよりもアメリカのインデックスの方がメリットが大きいと感じています。

米国の株式市場は以下の特徴があるからです。

  • 現在に至るまで右肩上がりで推移している
  • 世界中から人が集まりイノベーションが起きやすい
  • 株主を重視している

さらにS&P500は投資の神様と言われているウォーレン・バフェット氏も推奨しています。

自身の妻に対して「自分に何かあったときには、S&P500に90%、米国短期債に10%投資するように」と伝えているほどです。

そんなS&P500に連動する投資信託の中で一つおすすめをあげるとすると「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」になります。

eMAXIS Slimシリーズは業界最低水準の運用コストを目標としている人気のシリーズです。

個人投資家からも支持されており、投信ブロガーによるイベントであるFund of the Year 2019では第2位、Fund of the Year 2020では第9位にランクインしています。

その他S&P500に連動する投資信託を比較した記事もありますので、こちらもぜひ参考にしてください。

【つみたてNISA対象】S&P500連動の投資信託を比較しました

おすすめの証券会社は楽天証券SBI証券になります。

特に楽天ポイントが利用できる楽天証券がおすすめとなります。

まとめ

本記事ではインデックス投資について解説しました。

再度要点についてまとめます。

  • インデックス投資とは、特定の指数に連動することを目的とした投資法
  • ドルコスト平均法で積み立てながら長期保有する
  • つみたてNISA口座を利用して投資信託でインデックス投資を始める
  • おすすめの指数はS&P500
  • 楽天証券かSBI証券がおすすめ

インデックス投資は、ドルコスト平均法でコツコツ積み立てながら長期保有することで、資産の最大化を狙うことができます。

老後2000万円問題といった話もありましたが、できるだけ早く投資を始めて長期間投資することで、シミュレーションしてみたように老後の不安を軽減させることができるのではないかと思います。

インデックス投資は投資のコアになると思いますので、ぜひ継続していき興味が出てきたらその他様々な投資に進んでいくのも良いと思います。

本ブログでもインデックス投資以外も紹介していますのでぜひ見てみてください!

関連記事です。

インデックス投資の出口戦略として、4%ルールによる取り崩しがおすすめです。

4%ルールの解説記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

楽天証券かSBI証券をおすすめしていますが、投資信託の場合、楽天ポイントによる連携が優れている楽天証券を特におすすめします。

おすすめしている理由についても記事にしていますので、ぜひ見てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました