【第23週】2020年8月31日週のトライオートFXの収益は11,907円でした

投資
スポンサーリンク

2020年8月31日週のトライオートFXの収益は11,907円でした。

本記事では私が利用しているトライオートFXで一週間単位の運用実績を公開しています。

トライオートFX認定ビルダーである鈴さんが考案した「大暴落想定の6通貨分散」をベースに追加の設定を行ったものになります。

詳しい内容は以下の記事にありますので参考にしてください。

トライオートFXの収益内訳

2020年8月31日週の収益は以下のようになりました。

通貨ペア決済回数収益
CAD/JPY3回1800円
EUR/JPY5回3500円
AUD/USD3回1577円
NZD/USD2回1057円
AUD/NZD0回0円
EUR/GBP4回3973円
合計17回11907円

今週は約12000円の収益となりました。

今週はユーロ関連の通貨ペアの決済が多かったです。

EUR/JPY、EUR/GBPのチャートを一気に見てみましょう。

EUR/JPYチャート
EUR/GBPチャート

EUR/JPYは上昇傾向であり、一時127円台を付けました。

これは2019年3月4日以来の高値です。

しかしその後は下落していますね。

原因としては

欧州中央銀行(ECB)の政策担当者は、ユーロ相場の上昇が続けば、輸出を圧迫すると同時に物価を押し下げ、さらなる金融刺激を求める圧力を増大させかねないと警告した。

政策委メンバーらは同紙に対し、米ドルや他の多くの通貨に対するユーロ高は、ユーロ圏の景気回復を妨げる危険があると語った。

ある政策委メンバーは「過去数週間にわたりユーロは上昇している。ユーロ圏は特に世界で最も開かれた経済圏であり、グローバル需要に大いに依存しているだけに需要が弱い場合は、ユーロ高は常に気掛かりだ」と発言した。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-09-03/QG2H38T0G1KX01

という発言があったためです。

この報道によってユーロ安に傾いたことで、現在売りポジションのEUR/JPY、EUR/GBPの決済につながりました。

現在保有しているポジションのほとんどがユーロ関連の通貨ペアなので、そろそろ決済してほしいなと思います。

まとめ

第23週目は約12000円ということで、期待通りとはいきませんでしたが、最低限の収益をあげることができました。

今週は振り返ってみると決済回数が少なかったですね。

特にAUD/NZDは2週連続で決済回数が0回なので、そろそろ決済してほしいなと思います。

上記の収益内訳を見てわかるように、通貨ペアがクロス円、ドルストレート、それ以外と分散されていることで、それぞれ異なった動きで、お互いを補いながら収益を生んでくれるのでうれしいですね!

「大暴落想定の6通貨分散」はレンジ相場を想定した通貨ペアとなっているので、上下に動きながらも収益を運んできてくれます。

気になった方は、トライオートFXで自動売買FXを始めてみるのはいかがでしょうか?

インヴァスト証券「トライオートFX」

コメント

タイトルとURLをコピーしました