【第27週】2020年9月28日週のトライオートFXの収益は15,516円でした

投資
スポンサーリンク

2020年9月28日週のトライオートFXの収益は15,516円でした。

本記事では私が利用しているトライオートFXで一週間単位の運用実績を公開しています。

トライオートFX認定ビルダーである鈴さんが考案した「大暴落想定の6通貨分散」をベースに追加の設定を行ったものになります。

詳しい内容は以下の記事にありますので参考にしてください。

トライオートFXの収益内訳

2020年9月28日週の収益は以下のようになりました。

通貨ペア決済回数収益
CAD/JPY2回1200円
EUR/JPY4回2801円
AUD/USD7回3496円
NZD/USD4回2044円
AUD/NZD3回1235円
EUR/GBP5回4740円
合計25回15516円

今週は約15500円の収益となりました。

今週一番決済が多かったAUD/USDのチャートを見てみましょう。

基本的に上昇傾向ですね。

先週まで下落していたので、少しずつ持ち直してきました。

ただし10月2日にアメリカのトランプ大統領夫妻が新型コロナウイルスに感染した報道が出たことで、リスクオン通貨であるAUDが売られてしまいました。

つづいて決済額が一番多かったEUR/GBPを見てみましょう。

※10月1日の16時~17時ごろにチャートが途切れていますが、不具合とのことでした

月末のロンドンフィキシングによってポンドが上昇(チャート上は下落)しましたが、その後はイギリスとEUの離脱に関するニュースによって乱高下する展開となっています。

結構動きが激しくなっていますね。

EUR/GBPのポジションはまだまだ保有していますので、どんどん下落してほしいです。

まとめ

第27週目は約15500円ということで、期待通りとはいきませんでしたが、最低限の収益をあげることができました。

先週の収益が少なかったので、その反動が来た形ですね。

各通貨ペアともバランス良く決済されているので、後は決済回数が多くなってほしいですね。

10月2日にはアメリカのトランプ大統領夫妻が新型コロナウイルスに感染したことが判明しました。

アメリカの大統領選挙が11月3日に迫っていることからも、大きな影響が出ることは必至です。

また、トランプ大統領の体調によっても為替市場が乱高下する可能性が高いです。

そういった中でも振り回されないように、ハイレバレッジで運用する方はより一層気をつける必要があります。

私が運用している設定は、通貨ペアがクロス円、ドルストレート、それ以外と分散されていることで、それぞれ異なった動きでリスクの分散が期待できます。

「大暴落想定の6通貨分散」はレンジ相場を想定した通貨ペアとなっているので、上下に動きながらも収益を運んできてくれます。

気になった方は、トライオートFXで自動売買FXを始めてみるのはいかがでしょうか?

インヴァスト証券「トライオートFX」

コメント

タイトルとURLをコピーしました