【第34週】2020年11月16日週のトライオートFXの収益は9,096円でした

投資
スポンサーリンク

2020年11月16日週のトライオートFXの収益は9,096円でした。

本記事では私が利用しているトライオートFXで一週間単位の運用実績を公開しています。

トライオートFX認定ビルダーである鈴さんが考案した「大暴落想定の6通貨分散」をベースに追加の設定を行ったものになります。

詳しい内容は以下の記事にありますので参考にしてください。

トライオートFXの収益内訳

2020年11月16日週の収益は以下のようになりました。

通貨ペア決済回数収益
CAD/JPY1回600円
EUR/JPY5回3500円
AUD/USD4回2025円
NZD/USD4回2005円
AUD/NZD0回0円
EUR/GBP1回966円
合計15回9096円

今週は約9100円の収益となりました。

1番決済が多かったEUR/JPYを見てみましょう。

現在ユーロ圏はロックダウンをしている国が多いため、ユーロ高になりにくくズルズルと下落していますね。

私の設定では売りレンジなので節目である120円まで下がって欲しいところです。

つづいてですが、AUD/USDとNZD/USDが同じ決済回数ですね。

ただしAUD/NZDが1回も決済されていなかったので、AUD/NZDのチャートを見てみましょう。

AUDがNZDに対して下落していますね。

オーストラリアとニュージーランドは地理的にも近く、また世界的な〇〇ショックを受けにくい通貨ペアとなっています。

そんなAUD/NZDが動く要因としては、政策金利と言われています。

現在両国の政策金利を見てみると

  • オーストラリア:0.10%
  • ニュージーランド:0.25%

となっており、特にオーストラリアは過去最低の金利水準となっています。

そのため相対的にNZDが強いため、チャート上は下落しているわけですね。

私の設定では買いレンジなので何とか反発して欲しいですが、結構難しそうですね・・・。

まとめ

第34週目は約9100円ということで、最低限欲しかった1万円にも届かず残念な結果となりました。

先週、先々週と約2万円ほどだったのでその反動でしょうか?

アメリカのファイザー社は、11月20日に新型コロナウイルスワクチンを米食品医薬品局(FDA)に申請したという報道がありましたが、11月初旬のような上昇は見られていません。

チャートに織り込み済みのようですね。

今後、FDAに承認されれば上昇、否認されれば下落ということになりそうですね。

私が運用している設定は、通貨ペアがクロス円、ドルストレート、それ以外と分散されていることで、それぞれ異なった動きでリスクの分散が期待できます。

「大暴落想定の6通貨分散」はレンジ相場を想定した通貨ペアとなっているので、上下に動きながらも収益を運んできてくれます。

気になった方は、トライオートFXで自動売買FXを始めてみるのはいかがでしょうか?

インヴァスト証券「トライオートFX」

コメント

タイトルとURLをコピーしました