【第38週】2020年12月14日週のトライオートFXの収益は12,595円でした

投資
スポンサーリンク

2020年12月14日週のトライオートFXの収益は12,595円でした。

本記事では私が利用しているトライオートFXで一週間単位の運用実績を公開しています。

トライオートFX認定ビルダーである鈴さんが考案した「大暴落想定の6通貨分散」をベースに追加の設定を行ったものになります。

詳しい内容は以下の記事にありますので参考にしてください。

トライオートFXの収益内訳

2020年12月14日週の収益は以下のようになりました。

通貨ペア決済回数収益
CAD/JPY0回0円
EUR/JPY0回0円
AUD/USD5回2500円
NZD/USD0回0円
AUD/NZD2回820円
EUR/GBP9回9275円
合計26回12595円

今週は約12600円の収益となりました。

今週はGBPとAUDが決済された週になりました。

まずはEUR/GBPを見てみましょう。

一番左のローソク足は先週末のものですが、月曜日に大きく窓開けしてスタートしました。

これは日曜日にEUとイギリスの間で自由貿易協定(FTA)の交渉を継続するという報道があったためです。

その後もポンド高となっていましたが、金曜日にかけてポンド安となってしまいました。

英国のジョンソン首相は「EUが姿勢を著しく変えない限り、合意に達する可能性は非常に少ない」と言及したと同時に、欧州委員会のフォンデアライエン委員長も、交渉で著しい進展があるが、依然大きな相違があると、交渉の行き詰まりを示唆。

英国と欧州連合(EU)の離脱を巡る通商交渉が今週末の期限を控え大詰めを迎える中、見解が大きく食い違っている漁業権で、欧州連合(EU)はジョンソン首相に、最後通告を提示したと報じられた。

https://minkabu.jp/news/2839656

となっていることからも、依然として合意なき離脱のリスクがあります。

つづいてAUD/USDです。

17日に大きく上昇していますね。

これはオーストラリアの経済指標が良かったことが要因となっています。

17日に発表された豪11月の失業率は6.8%(市場予想7.0%)、また新規雇用者数も前月比+9万人(同+5万人)と市場予想を上回る改善となりました。

また雇用者数の内訳もフルタイム:+84,200人、パートタイム:+5,800人と内容的にも良い結果となり、これを受けて豪ドルは対米ドル、対円で続伸しました。

豪ドルは対米ドルで2018年6月以来、対円でも2019年4月以来の高値圏で推移しています。

https://fx-rashinban.com/k00011-FX%8F%EE%95%F1/a9954-%83I%81%5B%83X%83g%83%89%83%8A%83A%83h%83%8B%8FT%95%F1(2020%94N12%8C%8E%91%E63%8FT)

AUD/USDは2018年6月以来の高値ということで、そのうち調整がきてもおかしくなさそうですね。

まとめ

第38週目は約12600円ということで、期待通りにはなりませんでしたが最低限欲しかった1万円を超えたので良かったです。

今週の決済はGBPとAUDのみだったので非常に偏っていましたね。

EUR/GBPは普段あまり決済されない通貨ペアでしたが、今週は頑張ってくれました。

このように私が運用している設定は、通貨ペアがクロス円、ドルストレート、それ以外と分散されていることで、それぞれ異なった動きでリスクの分散が期待できます。

「大暴落想定の6通貨分散」はレンジ相場を想定した通貨ペアとなっているので、上下に動きながらも収益を運んできてくれます。

気になった方は、トライオートFXで自動売買FXを始めてみるのはいかがでしょうか?

インヴァスト証券「トライオートFX」

コメント

タイトルとURLをコピーしました