【第41週】2021年1月4日週のトライオートFXの収益は9,557円でした

投資
スポンサーリンク

2021年1月4日週のトライオートFXの収益は9,557円でした。

本記事では私が利用しているトライオートFXで一週間単位の運用実績を公開しています。

トライオートFX認定ビルダーである鈴さんが考案した「大暴落想定の6通貨分散」をベースに追加の設定を行ったものになります。

詳しい内容は以下の記事にありますので参考にしてください。

トライオートFXの収益内訳

2021年1月4日週の収益は以下のようになりました。

通貨ペア決済回数収益
CAD/JPY4回2400円
EUR/JPY1回701円
AUD/USD7回3543円
NZD/USD3回1553円
AUD/NZD1回372円
EUR/GBP1回988円
合計17回9557円

今週は約9500円の収益となりました。

まずは今週1番決済されたAUD/USDを見てみましょう。

ジグザグしながらも上昇基調にあることがわかります。

AUD/USDは一時0.78200を超え、2018年3月以来の水準まで戻ってきました。

またAUD/JPYも80円の節目を超えており、2019年4月以来の高値水準となっています。

つづいてCAD/JPYです。

CAD/JPYは4~5日にかけて下落していますが、その後6日以降は上昇しています。

カナダは世界第4位の産油国となっており、WTI原油先物のチャートも堅調に推移していることがCAD/JPYの上昇に貢献しています。

WTI原油先物は、48ドル台から52ドル台と堅調に推移しています。

52ドル台は2020年2月以来の推移となっており、コロナショック直前まで戻ってきたことになります。

まとめ

第41週目は約9500円ということで、最低限欲しかった1万円を超えなかったので残念な結果となりました。

2021年1週目でしたがあまり決済されませんでした。

その中でも、AUD/USDはここ数週間ずっと順調に決済されているのでうれしいです。

2021年も大量決済を期待したいです。

私が運用している設定は、通貨ペアがクロス円、ドルストレート、それ以外と分散されていることで、それぞれ異なった動きでリスクの分散が期待できます。

「大暴落想定の6通貨分散」はレンジ相場を想定した通貨ペアとなっているので、上下に動きながらも収益を運んできてくれます。

気になった方は、トライオートFXで自動売買FXを始めてみるのはいかがでしょうか?

トライオートFXの紹介記事もありますので、ぜひ参考にしてください。

インヴァスト証券「トライオートFX」

コメント

タイトルとURLをコピーしました