【第52週】2021年3月22日週のトライオートFXの収益は14,425円でした

投資
スポンサーリンク

2021年3月22日週のトライオートFXの収益は14,425円でした。

本記事では私が利用しているトライオートFXで一週間単位の運用実績を公開しています。

トライオートFX認定ビルダーである鈴さんが考案した「大暴落想定の6通貨分散」をベースに追加の設定を行ったものになります。

詳しい内容は以下の記事にありますので参考にしてください。

トライオートFXの収益内訳

2021年3月22日週の収益は以下のようになりました。

通貨ペア決済回数収益
CAD/JPY3回1800円
EUR/JPY5回3582円
AUD/USD1回543円
NZD/USD9回4887円
AUD/NZD5回1492円
EUR/GBP2回2121円
合計25回14425円

今週は約14400円の収益となりました。

今週はNZD/USDの決済が多かったですね。

まずはNZD/USDから見てみましょう。

23日から大きく下落していますね。

以下の発表が原因で利上げ観測が後退したからです。

NZドルは対ドルで昨年11月以来の安値、対円では先月17日以来の安値をつけている。

NZ政府は23日、住宅価格高騰を受け抑制策を講じると発表した。

https://fx.minkabu.jp/news/179649

またNZD/USDは節目の0.7ドルを下回ったことで、私のトライオートFXの設定で売りレンジと買いレンジが切り替わりました。

続いてEUR/JPYを見てみましょう。

こちらも23日から下落していますが、その後持ち直しつつありますね。

ヨーロッパでは新型コロナウイルスの感染再拡大が警戒されています。

24日の東京市場でもリスク回避のドル買い・円買いが進行。

欧州での新型コロナ感染再拡大への警戒感が高まっている。フランス、イタリアでは感染拡大を阻止するため行動規制が再導入された。

ドイツではイースター期間中にロックダウンが実施される。

https://fx.minkabu.jp/news/179649

26日に持ち直しつつあるのは、米国市場が好調だったことで買い戻されたものと思われます。

まとめ

第52週目は約14400円ということで、最低限目標としている1万円を超えることができました。

米国市場はNYダウやS&P500が最高値を更新するなど復活してきていますが、為替市場の動きは小さいですね。

どこかのタイミングでものすごく動くときが来ると思うので、その時まで我慢ですね。

私が運用している設定は、通貨ペアがクロス円、ドルストレート、それ以外と分散されていることで、それぞれ異なった動きでリスクの分散が期待できます。

「大暴落想定の6通貨分散」はレンジ相場を想定した通貨ペアとなっているので、上下に動きながらも収益を運んできてくれます。

気になった方は、トライオートFXで自動売買FXを始めてみるのはいかがでしょうか?

トライオートFXの紹介記事もありますので、ぜひ参考にしてください。

インヴァスト証券「トライオートFX」

コメント

タイトルとURLをコピーしました