【第53週】2021年3月29日週のトライオートFXの収益は10,074円でした

投資
スポンサーリンク

2021年3月29日週のトライオートFXの収益は10,074円でした。

本記事では私が利用しているトライオートFXで一週間単位の運用実績を公開しています。

トライオートFX認定ビルダーである鈴さんが考案した「大暴落想定の6通貨分散」をベースに追加の設定を行ったものになります。

詳しい内容は以下の記事にありますので参考にしてください。

トライオートFXの収益内訳

2021年3月29日週の収益は以下のようになりました。

通貨ペア決済回数収益
CAD/JPY5回3000円
EUR/JPY0回0円
AUD/USD4回2176円
NZD/USD5回2686円
AUD/NZD0回0円
EUR/GBP2回2212円
合計16回10074円

今週は約10000円の収益となりました。

今週はCAD/JPYとNZD/USDの決済が多かったです。

まずはCAD/JPYから見てみましょう。

CAD/JPYは上昇しています。

CAD/JPYは2018年10月以来、88円台まで上昇しています。

  • 原油価格もほぼ60ドル台を維持していること
  • 株式市場が絶好調で円安となっていること

がCAD/JPYの上昇に貢献しています。

続いてNZD/USDを見てみましょう。

NZD/USDはCAD/JPYと違いレンジ相場ですね。

現在NZD/USDは0.7ドルを境に上下していますが、私の設定ではちょうど売りレンジと買いレンジの境なのでうまく上下してくれていることで、決済回数に貢献してくれています。

USD/JPYは2020年3月ぶりに110円に戻ってくるほどUSDが強くなっています。

こうしたことで一時的に下落したものの、リスクオン通貨であるNZDが週の後半から買われているようです。

まとめ

第53週目は約10000円ということで、最低限目標としている1万円をぎりぎり超えることができました。

米国市場ではS&P500が史上初の4000を超え株式市場は絶好調ですが、為替市場の動きは小さいです・・・。

私が運用している設定は、通貨ペアがクロス円、ドルストレート、それ以外と分散されていることで、それぞれ異なった動きでリスクの分散が期待できます。

今週のCAD/JPYとNZD/USDのように違った値動きをすることが分散になっていますよね。

「大暴落想定の6通貨分散」はレンジ相場を想定した通貨ペアとなっているので、上下に動きながらも収益を運んできてくれます。

気になった方は、トライオートFXで自動売買FXを始めてみるのはいかがでしょうか?

トライオートFXの紹介記事もありますので、ぜひ参考にしてください。

インヴァスト証券「トライオートFX」

また今後についてですが、約1年続けてきた週間報告を一旦やめます。

月間の報告については今後も続けていきますので、よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました