お金持ちの方程式について

投資

先日読んだ著書「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」にお金持ちの方程式が書かれていましたので紹介していきます。

資産形成=(収入ー支出)+(資産×運用利回り)

お金持ちの方程式として、

資産形成=(収入ー支出)+(資産×運用利回り)

が紹介されていました。

この方程式を見ると、お金持ちになるには次の3つが必要になってきます。

  1. 収入を増やす。
  2. 支出を減らす。
  3. 運用利回りを上げる。

この3つについて考えてみましょう。

収入を増やす

社会に出るとほとんどの人が会社員として給料をもらって生活していきます。

収入を増やすというと、主に残業代や出世して増やしていくことを第一に考えるかと思います。

しかし、終身雇用制度、年功序列が崩壊している中で一つの会社で働き続けるリスクということも考えなければなりません。

また、昔と比べて税金の負担も増えてきています。

2002年と2017年で年収700万の人の手取りが50万円も減っているそうです。(年収500万円の人の場合は手取りが35万円減少)

このように上がらない収入についても考えなければなりません。

これからの時代は、副業によって収入を増やしていくことが求められてきているなと感じています。

支出を減らす

支出を減らすことで一番わかり易いのは節約をすることですね。ほとんどの人が大なり小なり実践していると思います。

支出を減らすということに関して重要なところは、固定費を減らすということですね。

例えば、家賃、保険、車、スマホ代などですね。一度見直してしまえば、その分がそのまま減っていきますので、ストレスなく実践できるかと思います。

また、会社員は税金をノーガードで取られていきますので、合法的に節税していくことが重要になります。

会社員の人が誰でもできる方法として代表的なのが、ふるさと納税を活用することです。(厳密に言うと節税ではありませんが…)

ふるさと納税をすれば、実質2000円であらゆる返礼品を受け取ることができます。

例えば、お肉や魚を受け取れば食費を減らすことができますし、トイレットペーパーやタオルを受け取れば日用品費を減らすことができます。

こういった国が用意している制度を使って、支出を減らしていくことも重要となっていきます。

運用利回りを上げる

運用利回りを上げるということはつまり投資するということです。

投資というと株式投資が浮かんで来ると思いますが、銀行に預けて利息も貰うということも投資の一つになります。

しかし、 普通預金は0.001%、銀行の定期預金は0.01%と超低利回りです。

今は低金利時代なので預金では資産は増えていきません。(昔は郵便局の定期預金で7%というものもあったそうです。すごい…!)

なので運用利回りを上げるには株式投資を始めとした金融資産への投資は必須となります。

世界全体の成長率としては4~5%くらいと言われていますので、それくらいを目標にすると良いと思います。

まとめ

冒頭のお金持ちの方程式をもう一度書きます。

資産形成=(収入ー支出)+(資産×運用利回り)

これからの時代は資産形成が一つの重要なキーワードになっていくと思います。

少しでも早く重要性に気づいて、一緒にお金持ちへの道を走っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました